容器包装

記事一覧

令和元年度 企業向けごみ減量実践講座 [ 企業向けごみ減量実践講座 ]

令和元年度の企業向け実践講座のご案内です。すべて無料です。事業者さま優先ですが、一般・学生どなたでも参加可能です。
お申込み(webフォーム)はこのページからどうぞ。

こごみ日和 81号(2019/秋) [ 会報誌 ]

大量生産・消費社会の現代に生きる私たちに『アイトワの森』が「自然との共存」の魅力や大切さを伝える。
京都大学の学生たちが主体となり,フリマや脱プラ講座など,多様な環境企画を催し,エコ啓発に取り組む『エコ~るど京大』。廃棄プラスチックの処理問題が注目される今,『リーフ茶の普及で』ペットボトル減量を目指す。
100年使える桐だんす。非常に頑丈で機能性が高く修理をすれば次の代へも引き継げる。『桐工房』。伏見からはじめるまだ食べられるのにそのまま捨てられてしまう食品を集めて,必要とする地域へ循環させる。食品ロスを減らす。龍谷大学深尾ゼミの『かんきょうと』の取組など,今号も情報満載!

こごみ日和 80号(2019/夏) [ 会報誌 ]

著書「京都ぎらい」でおなじみの井上章一先生が語る「京都の建築とごみ減量」。
400年の歴史を持つ商店街「錦市場」。多くの観光客が集まる錦市場ならではのおもてなしとごみ減量の工夫。
自然を守るには森林に聞こう!「京女の森」。市内各地域で地道な活動を続けている”地域ごみ減量推進会議”の取組など、今号も情報満載!

≪終了御礼・定員を上回るご参加をいただきました!≫どうする世界とつながる京都のごみ  ~海ごみ,川ごみ,まちごみ,これからの市民活動~ [ ごみ減量の普及活動 ]

登壇者 宗田好史氏,太田航平氏,上坂昇治氏,浅利美鈴氏,高月紘氏,下村委津子氏
 海洋ごみ問題の深刻化や,中国の廃プラ禁輸,世界の脱プラの動きなど、ますます複雑になる「ごみ問題」にどう向き合うか,地域からできることを考えます。

こごみ日和 78号(2018/冬) [ 会報誌 ]

もったいないを減らすには?専門家たちが集まる食品ロス全国大会をレポートしてきました!結婚指輪は一生の宝物。作り手と依頼主の想いは?京都市より大きなカナダのトロントでごみゼロ実現!?その方法は?

こごみ日和 77号(2018/秋) [ 会報誌 ]

福祉施設のスタッフさん、ご利用者さん、近隣の大学生が一緒に野菜を育てると、地産地消や落ち葉たい肥が有効活用されるだけでなく、さらに素敵なものが舞い込む?
大学生が地域のお祭りでリユース食器を使って、見えてきたことは?

ごみにまつわるこの数字なぁに? 海外リサイクル率40% [ ]

会報誌表紙企画「ごみにまつわるこの数字なぁに?」第14回目の数字は「海外リサイクル率40%」です。ヒントは「前回に引き続き話題の...

<終了御礼>平成30年度 企業向けごみ減量実践講座 [ 企業向けごみ減量実践講座 ]

平成30年度の企業向け実践講座のご案内です。すべて無料です。
お申込み(webフォーム)はこのページからどうぞ。

終了御礼! 今こそ脱プラ!これからの「循環型社会」!どなたでもご参加いただけます。 [ 2R文化発信事業 ]

京都市ごみ減量推進会議は、今年9月以降、下記講座を開催します。  現在第4回(12/2)と第5回(2/3)のみ参加者募集中です。い...

8/22『愉快なおもちゃ箱』inGuRuReスタジオ [ ごみ減量の普及活動 ]

製品をつくる過程で出てきた廃材を、自由に使って、作って遊べる空間「愉快なおもちゃ箱」
夏休みの工作に!一足早い、芸術の秋!ご参加お待ちしていま~す。

こごみ日和 76号(2018/夏) [ 会報誌 ]

今や、宵山は”リユース”が当たり前。5年目の祇園祭ごみゼロ大作戦をレポート。
また、京都にたくさんお越しいただく観光客の陰で問題になっている”ごみ”について、シリーズでお伝えします。
もっぺん物語では、読めば修理に出したくなる!靴専科さんを紹介。

ごみにまつわるこの数字なぁに? ペットボトル消費量の0.2%その影響は? [ ]

会報誌表紙企画「ごみにまつわるこの数字なぁに?」第13回目の数字は「ペットボトル消費量の0.2%その影響は?」です。ヒントは「前回...

『愉快なおもちゃ箱』in岡崎フリーマーケット(2017年12月10日)イベント報告 [ ごみ減量の普及活動 ]

2017年12月10日愉快なおもちゃ箱in岡崎フリーマーケットの様子です。

こごみ日和 75号(2018/春) [ 会報誌 ]

事業者さんから出される廃材を、アートの素材に活用する『愉快なおもちゃ箱』や,こども食堂の取組,人生の多くを占める睡眠とエコのつながりなど,今号も,知るとお得な情報がたくさん。

ごみにまつわるこの数字なぁに? 世界の海に5兆個 [ ]

会報誌表紙企画「ごみにまつわるこの数字なぁに?」第11回目の数字は「世界の海に5兆個」です。ヒントは私たちの生活で身近に使っている...

こごみ日和 74号(2017/冬) [ 会報誌 ]

不必要な容器を減らす努力をしながら,どうしても必要な食品トレーを賢く上手に利用しながら資源としても大切に「株式会社エフピコ」,同志社小谷ゼミが行くカナダ・トロントのごみ事情調査,「クリーンショップおくむら」の修理から生まれる物語など,是非,ご覧ください。

イベントのお知らせ 連続セミナー「海ごみ問題から考える私たちの暮らしとプラスチック」 [ 2R文化発信事業 ]

地球環境問題の1つとして,近年大きく注目されている海ごみ問題。その現状を知り,私たちの暮らしとのつながりやできることを考えましょう。

こごみ日和 72号(2017/夏) [ 会報誌 ]

環境の専門家「浅利准教授」がプラごみ分別のコツを伝授,「パタゴニア京都」のビジネスとエコロジーの両立,「早川刃物店」の修理から生まれる物語など,是非,ご覧ください。

ごみにまつわるこの数字なぁに? 20年で5.5倍増 [ ]

会報誌表紙企画「ごみにまつわるこの数字なぁに?」第9回目の数字は「20年で5.5倍増」です。ヒントは「皆さんが、ついつい買ってしまうあ...

平成の大茶会 洛東の名刹東福寺で楽しむ世界のお茶と環境の話 [ 2R文化発信事業 ]

2017年3月5日(土)開催の「平成の大茶会 洛東の名刹東福寺で楽しむ世界のお茶と環境の話」のご案内です。

10/30(日)イベント『食べものどうなるの?フードロスと未来の食環境』を開催します! [ お知らせ ]

食品ロスについて,家族みんなで考えてみよう!
イベントの様子はエコセンブログ11月5日へ!

こごみ日和 69号(2016/秋) [ 会報誌 ]

もったいないけど仕方がない・・・といって,モノや食品を捨てる人がいます。
一方で,本当に仕方がないのか!?という思いを持ち,何とか変えようと活動している人がたくさんいます。
少しずつですが,その輪が広がっています。

平成28年度:「京都市ごみ減量めぐるくん推進友の会」:その1 [ 市民等からの提案によるごみ減量モデル事業(レポート) ]

京都市ごみ減量めぐるくん推進友の会の取組レポート1回目。
記念事業に向けた会議の様子をレポート[平成28年7月4日取材]

平成27年度 市民等からの提案によるごみ減量モデル事業 成果報告 [ 2R型エコタウン構築 ]

平成27年度も「市民等からの提案によるごみ減量モデル事業」から多くの成果が生まれました。京都市ごみ減量推進会議が活動助成した11事業の成果報告を掲載します。

こごみ日和67号表紙

こごみ日和 67号(2016/春) [ 会報誌 ]

ゼロ・ウェイストに向けて『ごみも大切な資源』を合言葉に,その資源としての価値を上げるため,市民の手で34分別している徳島県上勝町の取組をご紹介します。
会員紹介は,社会福祉法人嵐山寮さん。介護の業務改善が,環境負荷の低減につながるという視点で,日々活動に取り組んでおられます。是非,じっくりご覧ください!

ごみ減活動レポート 子ども向けワークショップ「まんがを描いてごみを減らそう!」 [ ]

開催概要 年に3回程度,子ども向けに,「まんがを描いてごみを減らそう」,「牛乳パックからはがきを作ろう(紙漉き教室)」を開催しています。今年度最...

KBS京都ラジオで,「コンパクトライフで,ごみ減量」を放送

KBS京都ラジオで「コンパクトライフで,ごみ減量」,2月も放送 [ ごみ減量の普及活動 ]

KBS京都ラジオで,トーク番組「コンパクトライフで,ごみ減量」を,2月も放送します。2月2日(火)より4回。

こごみ日和 62号(2014/冬) [ 会報誌 ]

こごみ日和62号(2014/冬)ができました!
この秋に開催された活動の報告がもりだくさん。KBS京都 アナウンサー 海平和さんの連載は,季節のうつりかわりと,長い歴史の流れを感じさせる「赤山さん」。

平成25年10月4日開催「中国アジアにおける資源・ごみの行方」 [ 企業向けごみ減量実践講座 ]

日本から中国等に渡っている廃棄物や資源物がどのように処理されているかなど,中国の現状と排出する側である日本企業のリスクなどについても講演いただきます。

平成25年1月22日開催「京都市中央卸売市場の環境対策 見学ミニツアー」 [ 企業向けごみ減量実践講座 ]

年間327万Kg,一日あたり約120万Kgの食料品を扱う京都市中央卸売市場。 ごみを減らすために,どんな工夫をしているのか・・・? 食料品店...

ごみ減のサイト

ページの先頭へ戻る