参加者募集 市民向けセミナー「京都から減プラ市民行動」

画像の説明文;
市民向けセミナー開催と参加者募集のご案内
 プラごみ削減,特に使い捨てプラチックを減らすことは世界的な課題になっています。そのようななか,京都市は,2030年に向けて意欲的なプラごみ削減目標を設定した「京・資源めぐるプラン」を2021年3月策定しました。でも,まちなかには,まだまだ使い捨てプラスチックがあふれています。目標実現には市民の理解・行動がぜったいに必要です。何からはじめて,どのような取組が必要か,みんなで考え,行動しましょう。

日時   2021年10月24日(日)13時30分から16時30分
      (オンライン参加もできます)
会場   京都市中京区烏丸通御池上る 登録会館2F大ホール
募集人数 50人(先着順) 高校生以上,どなたでもご参加いただけます。
参加費   無料
会場   登録会館 大ホール(京都市中京区烏丸御池上る)

当日の登壇・報告者
高月 紘さん 環境まんが家,ハイムーンのペンネームで有名
 むずかしい環境問題をまんがでわかりやすく解説してもらいます。プラごみ削減に向けて,私たちにできること,大切にしたいことなど紹介してもらいます。

原田禎夫さん プロジェクト保津川代表理事,大阪商業大学准教授
 川ごみ、海ごみのエキスパート。地元亀岡市をはじめ市民とともに河川や海岸清掃に取り組むなど,実践に基づく報告と提言が多くのひとの共感を生んでいます。
 地元亀岡市が,先進的なプラごみ削減目標を立てたことで,まちにたくさんのメリットが生まれました。今回は,そのような事例を紹介してもらいます。

浅利美鈴さん 京都大学地球環境学堂准教授
 「ごみ」や「環境教育」が研究テーマ。「びっくり! エコ100 選」や「3R・低炭素社会検定」「京都超SDGsコンソーシアム」などを立ち上げ、キャンパスからまちに,社会にムーブメントをおこすべく、実践および情報発信に取り組んでらっしゃいます。プラスチックごみ削減にむけた,学生たちの本気の取組を紹介してもらいます。

中野 晋さん 京都市循環型社会推進部部長
 京都市がめざす意欲的な計画目標の紹介と,市民の皆様へのお願い!「いっしょにプラごみを減らしましょう」

堀 孝弘 京都市ごみ減量推進会議
 2030年ペットボトル排出量半減目標の実現に向け,活動中。全国のプラごみ内訳やペットボトル使用実態などを紹介します。

《予告 今後の取組「京都のプラごみ削減活動団体と出会う日」》
 11月28日(日)には、このイベントの第2段として,京都市内でプラごみ削減に取り組む8団体に集ってもらい,現在の活動と今後の取組について話し合います。
 登壇予定団体 (一社)祇園祭ごみゼロ大作戦,NPO法人気候ネットワーク,NPO法人環境市民,(一社)ふろしき研究会,NPO法人コンシューマーズ京都,おむつなし育児研究所京都サロン,京都市ごみ減量めぐるくん推進友の会,エコ~るど京大

10/24京都から減プラ市民行動 申込入力フォームはここから
申込受付の受信メールが届かなければ、別途ご連絡をお願いいたします。

(必須)


(いずれか必須)


(必須)


■参加方法 (必須)
会場参加か、オンライン参加か希望される参加方法



■第2段 11月28日「京都のプラごみ削減活動団体と出会う日」について



■京都市ごみ減量推進会議からの情報メール配信について




「送信する」をクリック後,確認画面が
表示されますので,その画面で再度「メールを送信する」をクリックしてください。