買いもの袋持参

記事一覧

2020年度ごみ減量モデル事業報告動画 [ 市民等からの提案によるごみ減量モデル事業(レポート) ]

2020年度の「市民等からの提案によるごみ減量モデル事業」に8団体の活動報告動画です。
1月までの活動についてご報告いただいたものです。

こごみ日和 87号(2021/春) [ 情報誌 ]

「腐葉土づくり」や「街ふろしき体験」など立命館大学の様々なごみ減量の取組を紹介、日本一コミュニケーション豊かな会社「京都信用金庫」による地域の絆づくり、航空業界ならではの取組「機内食の現状」。年間約500件職人チームが手掛ける人形修理「福田匠庵」、思い熱く、実行力を発揮「久我の杜自治連合会地域ごみ減量推進会議」など、今号も情報満載です!

ごみにまつわるこのすうじなぁに? [ ]

情報誌表紙企画「ごみにまつわるこの数字なぁに?」。87号第22回目の数字は「2,200トン」です。さてこちらは何の数字でしょうか? ...

こごみ日和 86号(2020/冬) [ 情報誌 ]

コロナ禍のごみどうなってる?、家庭でかんたん良いことたくさん「生ごみたい肥」の楽しみ方をご紹介、大学生のインスタグラムを使ったごみ減量の挑戦とは?、正しいケアで長く使えるエアコン修理「空間工房」、食べ物を捨てたくない!捨てないことでお客さんもお店もハッピー?佰食屋 オーナー 中村 朱美氏など、今号も情報満載です!

こごみ日和 85号(2020/秋) [ 情報誌 ]

衣料等の余剰在庫を捨てずに、新しい光を!
家庭でできるごみ減らしのアイディアご紹介、パンの耳を無駄にせず活用し一石二猫!?、黒染めを新たなファッションの選択肢に「京都紋付」、レジ袋有料化後、若年層の生活に変化が?など、今号も情報満載です!

京都環境賞第18回 アイデア募集 [ 他団体からのお知らせ ]

京都市環境政策局では、『京都環境賞』で
「ウィズコロナ時代にくらしの中でできる環境にいいこと」のアイデア募集中です。

こごみ日和 84号(2020/夏) [ 情報誌 ]

レジ袋有料化、古くて新しいふろしきがカッコいい!
ごみを出したその先を知ったり、テイクアウトが増える今だからこそ選ぶ”容器”のこと、手作りやリメイクの楽しさを伝え続ける「風蝶庵」、今が始めるチャンスかも!布ナプキンのことなど、今号も情報満載です!

【終了】ふろしきエコバッグを持とう!2020 [ 普及・啓発活動 ]

2020年7月1日よりレジ袋有料化スタート。
うっかりマイバッグを忘れても、これを知っていれば安心。
「街ふろしき体験」見かけたら気軽にご参加ください!

【9月7日】日々是好日(にちにちこれエコにち)~今日も環境に良い一日を!~ [ 普及・啓発活動 ]

日々の生活のちょっとしたことを、ちょっと変えるだけで、昨日よりちょっと環境に良い一日に♪♪ ちょっとだけ意識して、ちょっとだけ行動を変える、ちょっとしたヒントを見つけにきてください!

【受付終了】2020年度 ごみ減量モデル事業(助成金事業) 募集案内 [ 市民等からの提案によるごみ減量モデル事業(助成事業) ]

今年もみなさんのアイデアをカタチに!ご応募お待ちしております!
応募に必要な書類(申請の手引き,申請書類)を掲載しました。
	

令和元年度 企業向けごみ減量実践講座 [ 企業向けごみ減量実践講座 ]

令和元年度の企業向け実践講座のご案内です。すべて無料です。事業者さま優先ですが、一般・学生どなたでも参加可能です。
お申込み(webフォーム)はこのページからどうぞ。

エコ!お宝発見市~出町桝形商店街~ [ お知らせ ]

「もう使わなくなった」「押入に入れっぱなし」などの理由で溜まってしまった家庭内ストック品。『処分しなければいけない状態になる前にリユースする...

9/23『愉快なおもちゃ箱』&『バディウォーク』in岡崎フリーマーケット [ 普及・啓発活動 ]

製品をつくる過程で出てきた端材等を、自由に使って、創って遊べる空間「愉快なおもちゃ箱」を開催します。
ダウン症啓発イベント「バディウォーク®」と、岡崎フリーマーケットも、一緒に楽しんでください!

8/22『愉快なおもちゃ箱』inGuRuReスタジオ [ 普及・啓発活動 ]

製品をつくる過程で出てきた廃材を、自由に使って、作って遊べる空間「愉快なおもちゃ箱」
夏休みの工作に!一足早い、芸術の秋!ご参加お待ちしていま~す。

『愉快なおもちゃ箱』in岡崎フリーマーケット(2017年12月10日)イベント報告 [ 普及・啓発活動 ]

2017年12月10日愉快なおもちゃ箱in岡崎フリーマーケットの様子です。

こごみ日和 75号(2018/春) [ 情報誌 ]

事業者さんから出される廃材を、アートの素材に活用する『愉快なおもちゃ箱』や,こども食堂の取組,人生の多くを占める睡眠とエコのつながりなど,今号も,知るとお得な情報がたくさん。

10/30(日)イベント『食べものどうなるの?フードロスと未来の食環境』を開催します! [ お知らせ ]

食品ロスについて,家族みんなで考えてみよう!
イベントの様子はエコセンブログ11月5日へ!

こごみ日和 69号(2016/秋) [ 情報誌 ]

もったいないけど仕方がない・・・といって,モノや食品を捨てる人がいます。
一方で,本当に仕方がないのか!?という思いを持ち,何とか変えようと活動している人がたくさんいます。
少しずつですが,その輪が広がっています。

平成28年度:「京都市ごみ減量めぐるくん推進友の会」:その1 [ 市民等からの提案によるごみ減量モデル事業(レポート) ]

京都市ごみ減量めぐるくん推進友の会の取組レポート1回目。
記念事業に向けた会議の様子をレポート[平成28年7月4日取材]

ごみ減活動レポート 子ども向けワークショップ「まんがを描いてごみを減らそう!」 [ ]

開催概要 年に3回程度,子ども向けに,「まんがを描いてごみを減らそう」,「牛乳パックからはがきを作ろう(紙漉き教室)」を開催しています。今年度最...

こごみ日和 57号(2013/秋) [ ]

特 集: 森田農園 ~~ ごみ減会員さん 訪問記 「KBS京都アナウンサー 海平 和さん」 ごみ減の「モノ」語り:...

こごみ日和 56号(2013/夏) [ 情報誌 ]

特 集: 1本のホウキが語りかけること ~シュロ製品専門「内藤商店」を訪ねて~ ごみ減会員さん 訪問記 「ごみ減の会員さ...

ごみ減のサイト

ページの先頭へ戻る