家庭

家庭でできるごみ減量やリサイクルの情報が掲載されたページを一覧にしています。

記事一覧

2021(R3)年度 ごみ減量モデル事業(助成金事業) 募集案内 [ 市民等からの提案によるごみ減量モデル事業(助成事業) ]

今年もみなさんのアイデアをカタチに!ご応募お待ちしております!
応募に必要な書類(申請の手引き,申請書類)を掲載しました。ご確認のうえ,不明な点はお気軽にお問い合わせください。

ごみにまつわるこのすうじなぁに? [ ]

情報誌表紙企画「ごみにまつわるこの数字なぁに?」。87号第22回目の数字は「2,200トン」です。さてこちらは何の数字でしょうか? ...

こごみ日和 87号(2021/春) [ 情報誌 ]

「腐葉土づくり」や「街ふろしき体験」など立命館大学の様々なごみ減量の取組を紹介、日本一コミュニケーション豊かな会社「京都信用金庫」による地域の絆づくり、航空業界ならではの取組が?「機内食の現状」を聞いてみました、年間約500件職人チームが手掛ける人形修理「福田匠庵」、思い熱く、実行力を発揮「久我の杜自治連合会地域ごみ減量推進会議」など、今号も情報満載です!

令和2年度:落ち葉からSDGs~森へのパスポート~ [ 市民等からの提案によるごみ減量モデル事業(レポート) ]

[森パス実行委員会 令和2年11月7日取材]  森パス実行委員会は、今年度から立ち上がったグループです。林業女子会という森に関わる活動をし...

ごみにまつわるこのすうじなぁに? [ ]

情報誌表紙企画「ごみにまつわるこの数字なぁに?」。86号第21回目の数字は「4億トン」です。さてこちらは何の数字でしょうか? こご...

こごみ日和 86号(2020/冬) [ 情報誌 ]

コロナ禍のごみどうなってる?、家庭でかんたん良いことたくさん「生ごみたい肥」の楽しみ方をご紹介、大学生のインスタグラムを使ったごみ減量の挑戦とは?、正しいケアで長く使えるエアコン修理「空間工房」、食べ物を捨てたくない!捨てないことでお客さんもお店もハッピー?佰食屋 オーナー 中村 朱美氏など、今号も情報満載です!

お問い合わせフォーム [ 京都市ごみ減量推進会議とは ]

当会議ではごみ減量情報誌「こごみ日和」でごみ減量の活動に熱心に取り組む市民・事業者・企業などの活動を紹介しています。 取材希望はお気軽に以下のメ...

【終了アンケート】落ち葉たい肥で超かんたん!生ごみコンポスト [ 普及・啓発活動 ]

落ち葉たい肥で超かんたん!生ごみコンポストの参加者限定アンケートの回答ページです。 以下のフォームにてご回答をお願いいたします。 どう...

【終了】令和2年度 企業向けごみ減量実践講座 第2回~4回 [ 企業向けごみ減量実践講座 ]

★『おむつto〇〇〇』の講座は中止(延期)いたします。
「災害廃棄物」「サーキュラーエコノミー」「紙おむつのリサイクル」
ホットな話題で、皆さまのご参加をお待ちしております。

【中間アンケート】落ち葉たい肥で超かんたん!生ごみコンポスト [ 普及・啓発活動 ]

落ち葉たい肥で超かんたん!生ごみコンポストに参加者限定のアンケート回答ページです。 以下のフォームにてご回答をお願いいたします。 どう...

企業向け講座2020-④「おむつto〇〇〇~安心して紙おむつが使える未来へ~」 [ 企業向けごみ減量実践講座 ]

■緊急事態宣言延長のため、開催を延期いたします■ 紙おむつの国内処理量は約200万トンと推計されており、そのほとんどが、水分等が含まれたまま焼却...

こごみ日和 85号(2020/秋) [ 情報誌 ]

衣料等の余剰在庫を捨てずに、新しい光を!
家庭でできるごみ減らしのアイディアご紹介、パンの耳を無駄にせず活用し一石二猫!?、黒染めを新たなファッションの選択肢に「京都紋付」、レジ袋有料化後、若年層の生活に変化が?など、今号も情報満載です!

ごみにまつわるこのすうじなぁに? [ ]

情報誌表紙企画「ごみにまつわるこの数字なぁに?」。85号第20回目の数字は「目標2.1 2030年までに…」です。さてこちらは何の数字でしょ...

京都環境賞第18回 アイデア募集 [ 他団体からのお知らせ ]

京都市環境政策局では、『京都環境賞』で
「ウィズコロナ時代にくらしの中でできる環境にいいこと」のアイデア募集中です。

ごみ減の食品ロス関連情報サイト開設のご案内 [ 2R型エコタウン構築 ]

大きな社会問題になっている「食品ロス」について、雑学的な情報も含めて多くの話題を掲載しています。「もったいない」だけで済まない難しい問題ですが、どのようにまわりの人に伝えるか、このサイトから「話のネタ」をたくさん見つけてください。

簡単コンポストメール [ 普及・啓発活動 ]

compost201214-016 生ごみコンポスト「終了アンケート」のお願い クリスマス♪にお正月♪ 食べ過ぎなくてもいいのに、食べ過ぎます...

ごみにまつわるこのすうじなぁに? [ ]

情報誌表紙企画「ごみにまつわるこの数字なぁに?」。84号第19回目の数字は「年間13億トン」です。さてこちらは何の数字でしょうか? ...

こごみ日和 84号(2020/夏) [ 情報誌 ]

レジ袋有料化、古くて新しいふろしきがカッコいい!
ごみを出したその先を知ったり、テイクアウトが増える今だからこそ選ぶ”容器”のこと、手作りやリメイクの楽しさを伝え続ける「風蝶庵」、今が始めるチャンスかも!布ナプキンのことなど、今号も情報満載です!

令和元年度 地域と大学生 ストックレスで解決するリユースモデルの開発 [ 市民等からの提案によるごみ減量モデル事業(レポート) ]

京都市内大学生と市内地域住民をマッチング 応用芸術研究所(代表 片木孝治さん)は、今年度のリユースモデルとして、京都市内大学生と市内地域住民をマ...

【終了】落ち葉たい肥で超かんたん!生ごみコンポスト2020 [ 普及・啓発活動 ]

生ごみって、燃やすごみ?いえいえ、それはもったいない・・・
ごみ出しが簡単になる方法。一度チャレンジしてみませんか?
目指せ 地産地消コンポスト!それぞれが続けやすい方法を見つけてください。

【終了】10月7日~13日オンライン配信!【9月5日】企業向け講座「食べ物を捨てたくない。~『佰食屋』が目指すもの~」 [ 企業向けごみ減量実践講座 ]

令和2年度の企業向け実践講座(第1回)
講演会の様子を後日オンラインにて配信(期間限定 10月前半予定)
視聴希望の方は、件名『ごみ減情報メール希望』として、
sanka●kyoto-gomigen.jp(●は@に変更ください)へメールをお送りください。当講座のオンライン配信情報及び当会議からの環境事業にかかるご案内メールを不定期で配信させていただきます。

【終了】ふろしきエコバッグを持とう!2020 [ 普及・啓発活動 ]

2020年7月1日よりレジ袋有料化スタート。
うっかりマイバッグを忘れても、これを知っていれば安心。
「街ふろしき体験」見かけたら気軽にご参加ください!

ごみにまつわるこのすうじなぁに? [ ]

情報誌表紙企画「ごみにまつわるこの数字なぁに?」。83号第18回目の数字は「年間891万トン」です。さてこちらは何の数字でしょうか?...

こごみ日和 83号(2020/春) [ 情報誌 ]

世界的な問題として認識されるようになった『プラスチックごみ問題』について同志社大学名誉教授の郡嶌孝氏に聞く。
近年問題意識がが高まっている「食品ロス」,冊子『食品ロスを減らそう!!』に込められた想いと今後の活動を聞く『京都市ごみ減量めぐるくん推進友の会』。
元エリート証券マンがカカオを通して世界を変える『Dari K』。
一度壊れた陶磁器に命を吹き込む金継での修理『STOCKROOM』
西院ふれあいまつりはエコでいっぱい「西院第二自治連合会地域ごみ減量推進会議」の取組など,今号も情報満載!

【9月7日】日々是好日(にちにちこれエコにち)~今日も環境に良い一日を!~ [ 普及・啓発活動 ]

日々の生活のちょっとしたことを、ちょっと変えるだけで、昨日よりちょっと環境に良い一日に♪♪ ちょっとだけ意識して、ちょっとだけ行動を変える、ちょっとしたヒントを見つけにきてください!

【受付終了】2020年度 ごみ減量モデル事業(助成金事業) 募集案内 [ 市民等からの提案によるごみ減量モデル事業(助成事業) ]

今年もみなさんのアイデアをカタチに!ご応募お待ちしております!
応募に必要な書類(申請の手引き,申請書類)を掲載しました。
	

マイボトルで!参加者アンケート [ 普及・啓発活動 ]

この度は「マイボトルで!」にご参加いただきありがとうございました。 お忙しい時期かと思いますが、最後のアンケートにご協力をお願いいたします...

【開催見合わせ中】フリーマーケット案内(チラシダウンロード) [ 岡崎フリーマーケット(旧 市役所前フリーマ) ]

現在、2020年度のフリーマーケットの案内は見合わせております。
(3月末分まで、開催中止を決定いたしました)

【3月10日】食べ物を捨てたくない。~『佰食屋』が目指すもの~ [ 企業向けごみ減量実践講座 ]

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、3月10日(火)の講座は中止といたします。 ご予定いただいていた皆様には大変申し訳ありませ...

ごみにまつわるこのすうじなぁに? [ ]

情報誌表紙企画「ごみにまつわるこの数字なぁに?」。82号第17回目の数字は「家庭ごみの7.8%(重量)」です。さてこちらは何の数字で...

【終了】今日も マイボトルで! [ 普及・啓発活動 ]

マイボトルを意識して携帯し,マイボトル推奨店や給水スポットを検索して,飲み物を補充しよう!参加者には,ボトル進呈。ぜひご参加ください!
実施期間 1月14日(火)~3月18日(水)
*新型コロナウイルス感染症の対応のため、予告なく終了することがございます。

こごみ日和 82号(2019/冬) [ 情報誌 ]

『精進料理』はヘルシーで美味しいだけでなく,とてもごみ減量?東林院の西川住職から学ぶ。生産者と消費者,人と自然をつなぐ『使い捨て時代を考える会』。
今話題の『マイクロプラスチック問題』の研究者京都大学の田中周平准教授に聞く。
父から子へ。親子二代続く修理のお店『革工房JYPSY』
国内外の『ごみ問題』を調査する同志社大学小谷ゼミの取組など,今号も情報満載!

令和元年度 企業向けごみ減量実践講座 [ 企業向けごみ減量実践講座 ]

令和元年度の企業向け実践講座のご案内です。すべて無料です。事業者さま優先ですが、一般・学生どなたでも参加可能です。
お申込み(webフォーム)はこのページからどうぞ。

平成30年度 地域ごみをクリエイティブな創造活動に利活用するGuRuRe:(ぐるり)プロジェクト その2 [ 市民等からの提案によるごみ減量モデル事業(レポート) ]

2018年12月16日(日)と12月27日(木)の2回に渡り、京都市北いきいき市民活動センター(以下、北いきセン)にて『まちゴミ使ってナニしょ!冬の...

ごみにまつわるこのグラフなぁに? [ ]

情報誌表紙企画「ごみにまつわるこの数字なぁに?」。81号第16回目は数字ではなくグラフです。さてこちらは何のグラフでしょうか? ...

平成30年度 地域ごみをクリエイティブな創造活動に利活用するGuRuRe:(ぐるり)プロジェクト その1 [ 市民等からの提案によるごみ減量モデル事業(レポート) ]

今年度(平成30年度)、特定非営利活動法人 こどもアート(以下、こどもアート)が力を入れている「GuRuRe:(ぐるり)プロジェクト」。捨てられる廃...

平成30年度 廃棄学校制服のアップサイクルによる衣類ごみ減量化の啓発 その1 [ 市民等からの提案によるごみ減量モデル事業(レポート) ]

中学生「アップサイクル」に挑戦! 2018年11月28日、「廃棄学校制服のアップサイクルによる衣類ごみ減量化の啓発」を行う一般社団...

平成30年度:フードドライブ レポート その2 [ 市民等からの提案によるごみ減量モデル事業(レポート) ]

「フードドライブ」の流れ 「フードドライブ」は各家庭で余っている食品を提供していただき、行政の福祉担当課や支援団体を通じて、生活で...

こごみ日和 81号(2019/秋) [ 情報誌 ]

大量生産・消費社会の現代に生きる私たちに『アイトワの森』が「自然との共存」の魅力や大切さを伝える。
京都大学の学生たちが主体となり,フリマや脱プラ講座など,多様な環境企画を催し,エコ啓発に取り組む『エコ~るど京大』。廃棄プラスチックの処理問題が注目される今,『リーフ茶の普及で』ペットボトル減量を目指す。
100年使える桐だんす。非常に頑丈で機能性が高く修理をすれば次の代へも引き継げる。『桐工房』。伏見からはじめるまだ食べられるのにそのまま捨てられてしまう食品を集めて,必要とする地域へ循環させる。食品ロスを減らす。龍谷大学深尾ゼミの『かんきょうと』の取組など,今号も情報満載!

【開催中止】第30回高瀬川舟まつり2019 [ 他団体からのお知らせ ]

高瀬川舟まつりは、荒天が予想されるため、中止が決定しました。 高瀬川は慶長19年(1614)角倉了以・素庵親子が開削した洛中と伏見を結ぶ運...

『ゴミラをつくろう』~アトリエみ塾展~ [ 他団体からのお知らせ ]

モノの役目からカイホ―されたゴミたちは、なにをいうのかなー?

ごみにまつわるこの数字なぁに? 1日1人62g [ ]

会報誌表紙企画「ごみにまつわるこの数字なぁに?」第16回目の数字は「1日1人62g」です。何の数字でしょうか? 62グラ...

こごみ日和 80号(2019/夏) [ 情報誌 ]

著書「京都ぎらい」でおなじみの井上章一先生が語る「京都の建築とごみ減量」。
400年の歴史を持つ商店街「錦市場」。多くの観光客が集まる錦市場ならではのおもてなしとごみ減量の工夫。
自然を守るには森林に聞こう!「京女の森」。市内各地域で地道な活動を続けている”地域ごみ減量推進会議”の取組など、今号も情報満載!

<終了御礼>8月31日(土) 市民向け講座 『知ってる?災害時のごみの行方』 [ 普及・啓発活動 ]

災害のたびにニュースから流れてくる山積みのごみの映像。あのごみはどうなっているのか、知っていますか?
これからも増えてくるであろう災害。その度に発生する大量の廃棄物について、少し考えてみませんか。

平成30年度:次世代にひろげる・つなげる ごみ減量のエコ地域づくり レポートその2 [ 市民等からの提案によるごみ減量モデル事業(レポート) ]

 2019年1月13日,朝からぽかぽか陽気に恵まれた京都市立桃山小学校のグラウンドには,たくさんの子ども達と保護者の姿がありました。毎年この...

平成30年度:次世代にひろげる・つなげる ごみ減量のエコ地域づくり レポートその1 [ 市民等からの提案によるごみ減量モデル事業(レポート) ]

やってみたい!から始まる活動 9月23日祝日の日曜日,桃山会館で桃山エコ推進委員会による段ボール箱での生ごみ堆肥づくり講習が行われ...

エコ!お宝発見市~出町桝形商店街~ [ お知らせ ]

「もう使わなくなった」「押入に入れっぱなし」などの理由で溜まってしまった家庭内ストック品。『処分しなければいけない状態になる前にリユースする...

≪終了御礼・定員を上回るご参加をいただきました!≫どうする世界とつながる京都のごみ  ~海ごみ,川ごみ,まちごみ,これからの市民活動~ [ 2R型エコタウン構築 ]

登壇者 宗田好史氏,太田航平氏,上坂昇治氏,浅利美鈴氏,高月紘氏,下村委津子氏
 海洋ごみ問題の深刻化や,中国の廃プラ禁輸,世界の脱プラの動きなど、ますます複雑になる「ごみ問題」にどう向き合うか,地域からできることを考えます。

ごみにまつわるこの数字なぁに? 3Rの「R」は増やすのがいいの?絞るのがいいの? [ ]

会報誌表紙企画「ごみにまつわるこの数字なぁに?」第15回目の数字は「3Rの“R”は増やすのがいいの?絞るのがいいの?」です。どん...

<終了御礼>2019年2月9日 井上章一氏講演会 『私たちが残してきたもの 捨ててきたもの』 [ 普及・啓発活動 ]

建築史や風俗史を専門とする氏より、新たな建築物の陰で発生しているいわゆる建設ごみなどに触れ、お話いただきます。重要文化財の中での講演会です。
★定員に達しましたので、受付を終了いたしました。
キャンセルが出た席につきましては、当日会場前受付にて先着順でご案内させていただきます。

ごみ減のサイト

ページの先頭へ戻る