スーパーマーケット環境調査で、市民が見つけた好事例報告会 参加者募集中

画像の説明文
日時    2023年3月1日(水)14時~16時
会場    京都経済センター6階B会議室(京都市下京区四条通室町 東南角)
募集    50人(先着順)
参加費   無料
対象    どなたでもご参加いただけます
《ご案内》
京都市ごみ減量推進会議(ごみ減)は、昨年11月、市民・学生約50人の協力を得て、京都市内のスーパーマーケット62店(21社)で「お店のプラスチック調査」を実施しました。
この調査から、減プラだけでなく、省エネ、 健康を考えた品ぞろえなど、数多くの「好事例」が見つかりました。
「スーパーマーケットの取組なんてどこも同じ」なんて、とんでもない思い込みです。中には、全国的に見てもめずらしい、先進的な取組もあります。
一方、海外には、野菜・果物のプラ包装販売を禁じている国もあります(例えば、フランス)。
日本はどうでしょうか。青果物のプラ包装の現状について、調べた結果をお伝えします。

《内容》
・調査の目的や内容
・調査参加者の感想
・海外のスーパーはどんなの?
・日本の青果物売場のプラ包装
・調査で見つけた好事例
・この調査の意義・意見交換

《こんな人におすすめ》
・プラスチック問題、エネルギー問題、食と環境・健康問題に関心のある人
・流通事業者の環境・社会活動に関心のある人
・生産者や流通事業者と協働し、影響を与える市民活動に関心のある人
・スーパーマーケット等で働く人、経営者

《主催・共催》
主催 京都市ごみ減量推進会議
共催 エコ~るど京大
   認定NPO法人 環境市民
   NPO法人 地域環境デザイン研究所エコトーン
後援 京都市(申請中)
   大阪ごみ減量推進会議
   NPO法人気候ネットワーク
   京都府地球温暖化防止活動推進センター
   NPO法人エコネット近畿

スーパー好事例報告会メールフォーム

参加ご希望の方は、下の申込フォームでお申込みください。
(必須)


(いずれか必須)


(必須)


■京都市ごみ減量推進会議からの情報メール配信について


ごみ減のサイト

ページの先頭へ戻る