落ち葉たい肥で超かんたん!生ごみコンポスト2021

画像の説明文
皆さん、生ごみは”燃やすごみ”で出してますか? それは、もったいない!!

生ごみは土に埋めるだけで、土に還ります。
生ごみが入っていないごみの袋はとても軽く、小さく、臭いも減りごみ出しがとても簡単!

それだけでなく、
生ごみは,水分が多いため運搬時のエネルギーの負荷が高く,炉内での燃焼の効率も下げるため,これを減らすことはごみ減量とエネルギーの削減に大きく貢献します!
さらに、
その土はガーデニングに活用でき、腐葉土などの購入を節約できます
まずは一度、生ごみを土に埋めてみませんか?

超かんたん!生ごみコンポスト2021チラシ

参加方法

①参加申込
下のメールフォームより「生ごみコンポスト」申込アンケート★に回答ください。

*期間中、情報発信メーリングリストに登録いただきます。コンポストに関する情報を発信します。(週1回程度)
*団体(5名以上)での参加は、お電話にてお問合せください。
(落ち葉たい肥の活動をされる場合はタヒロン*貸与。先着5団体) 
*タヒロン:落ち葉たい肥用メッシュバッグ

②基材(落ち葉のたい肥 約5ℓ)をお渡しします。 
期間:7月~8月中(木・日・祝日を除く) 9時~17時 
お渡し場所:京エコロジーセンター2階 ごみ減事務局(伏見区深草池ノ内町13)
*事前に(できれば4日前までに)ご希望日をお知らせください。
*落ち葉たい肥を入れる袋はご持参ください。
(新品のプラ袋ではなく、使用済レジ袋・米袋や、燃やすごみの袋(黄色い有料袋)等を活用ください。)

③生ごみを埋めてみましょう!
空きプランターや段ボール箱に基材を入れて、乾燥している場合は、水を補充する。(量が不足する場合は、手元の土と混ぜる)

④毎日出る生ごみを
基材に混ぜ込み、たい肥化します。
・混ぜ込むタイミングは、週1回でも、毎日でも。できる範囲でOK。(1か月~3か月間 続けてください)
・期間中、コンポストの情報をメールで受け取っていただきます。(週1回程度 12月まで)
・困ったことや、発見したこと、ご質問などは、適宜メールにてお問い合わせください。

⑤中間アンケート★に回答ください
(10月末頃予定。メールでご案内します。)
*期間中に、土の養分バランスを調べる体験会などを予定しています。詳細は、メールでお知らせします。

⑥終了アンケート★にご回答ください(12月末頃) 

★開始時、中間、終了時の3回全てのアンケートに回答いただいた方には
ステンレスボトル(又はボトル洗いブラシ)を進呈。
使い捨てプラスチックごみの削減にご活用ください。

お申し込みフォーム

以下のフォームに必要事項を入力してお申込みください。

(必須)


(必須)


(いずれか必須)


(いずれか必須)




※受取場所
京エコロジーセンター2階
「京都市ごみ減量推進会議」事務局(木・日・祝を除く9:00~17:00)
住所:伏見区深草池ノ内町13 (青少年科学センター敷地内)

■ごみ計量用のバネ秤を希望しますか?(ご希望の方には,別途ご報告をお願いします)




■生ごみのたい肥化は初めてですか?




■生ごみコンポストへの期待





■一番不安や気がかりなことは?





■生ごみコンポストへの意気込みを教えてください





■京都市ごみ減量推進会議からのメール案内の送付
ご記入頂きましたメールアドレスに,当会からのイベント等ご案内を送信しても構いませんか。(メールは月1回~3回程度の不定期送信です)



※生ごみコンポスト取組期間中の情報メールとは別のご案内です。

■お問合せ・ご質問など


「送信する」をクリック後,確認画面が
表示されるので,その画面で再度「メールを送信する」をクリックしてください。

ごみ減のサイト

ページの先頭へ戻る