イベント報告『愉快なおもちゃ箱』inGuRuRe:スタジオ

こどもアートさんの協力で,千本北大路交差点北西にある『1000KITA STUDIO(RADIO MIX KYOTO サテライトスタジオ)』を会場に,『愉快なおもちゃ箱inGuRuRe:(ぐるり)スタジオ』を開催しました。
親子やグループ,そしてこの活動に関心を寄せる人たちが,入れ替わり入ってきて自由に創作。初めは見ているだけの人も,素材を手に取ったら組み合わせたくなる,触っていると何か創りたくなる,そんな楽しい1日でした。
画像の説明文
同時開催『ごみ図鑑~私たちはどこから来たの?~』パネル展示は,長年に渡り,調査のために細かく分類された“家庭ごみ”を,写真家の神谷潔さんが撮影されたもの。ごみなのに美しく「本当にごみ?」と驚いたり,量やごみの中身を改めて見て,日々消費しては捨てる現代の生活を考えさせられました。

今回のイベントは,「GuRuRe:プロジェクト」にコラボレートしているRADIO MIX KYOTO「GLOCAL KYOTO火曜日」で宣伝させていただいたり,京都新聞8/23朝刊市民版に記事を掲載いただきました。いろいろな方に協力いただきながら多くの方に知ってもらい,活動を盛り上げていきたいです。(2018,8,22開催)

ぐるりスタジオ1
みんな集中力がすごい!

画像の説明文
筒の中はいろんな工夫がされていて。
ビー玉が,転がり落ちて・・・きた!

画像の説明文
「ごみ図鑑」展示写真と,今日の作品。
作品はもちろん,持ち帰りもOKです。
不用になったら,分別リサイクルして,また何かに生まれ変われるといいね。

愉快なおもちゃ箱とは

近隣の事業者から提供いただいた貴重な端材を,アートの材料として活用する場です。
製品をつくる過程で出てきた廃材だからこそ,想像力をかきたてられ,自由な発想で遊べます!
家庭に持ち帰って遊び終わった後は,素材別に分け,決められた分別に従って処理に出すと,リサイクルされ,また素材として生まれ変わるものもあります。
楽しく遊んだ後はまた楽しめるように,素材を循環させる大きな輪をみんなでつくろう!
●『愉快なおもちゃ箱』は,岡崎フリマ会場(不定期)のほか,「GuRuRe:プロジェクト」のひとつとして,GuRuRe:スタジオでも定期的に開催予定です。

GuRuRe:スタジオとは

大量生産,大量消費など豊かな物質社会に恩恵を受ける現代の暮らしにあって,身体や手を使う,暮らしを自ら創造する,多様な人々と交流,自然に触れ合う歓びなど,今一度足元をぐるりと見廻し,未来を考えたい。そんな『ぐるり』という想いに共感するみなさんと,いろんな企画をつくる場です。
第1ステップは,捨てられる素材や端材を収集し,みんなが自由に創作・表現できるオープンスタジオ。近所にこんな場があったらいいね!みんなのアトリエです。
展示スペースもあります。何かやってみたい方,ぜひ活用ください。
(NPO法人こどもアートとNPO法人コミュニティラジオ京都が共同運営)

●GuRuRe:スタジオオープンDAY●
毎月第1・第3土曜日 13:00-18:00(変更の場合あり)
 場所 ラジオミックス京都1000KITA STUDIO
(北区紫野北花ノ坊町1 楽只市営住宅7棟106号室 千本北大路交差点北西角)

●GuRuRe:(ぐるり)●
NPO法人こどもアートが実施する廃材を活用したアートの取組の名称。Re:はリユース,リサイクルのRe:なので「れ」ではなく「り」と読みます。

愉快なおもちゃ箱協力団体等:

アートSKY塾、アトリエみ塾、At-Kyoto、株式会社応用芸術研究所、NPO法人こどもアート、NPO法人プラスワンネットワーク

愉快なおもちゃ箱素材・材料提供団体等:

泉製紙株式会社,大津板紙株式会社、岡本株式会社、京都市交通局、京都府紙料協同組合、清水焼団地協同組合、KTC(京都機械工具株式会社)、コニシ株式会社、株式会社中川パッケージ、日本紙管工業株式会社、有限会社山田木工所、株式会社ワコール(五十音順)

ごみ減のサイト

ページの先頭へ戻る