『愉快なおもちゃ箱』in岡崎フリーマーケット(2017年12月10日)イベント報告

画像の説明文

「箱の中には何が入っているのかな?」「おもしろいものあった?」
「そんな風にするんだ~おもしろいね!」「こんなの、どぉ?」
楽しい会話が聞こえてきます。
大人も子どもも、おもしろいものを見つけると夢中になるのは一緒。自由に、好きなように使って、作って、遊べる空間。

今回は、紙管の笛づくりや、野菜のはだか売りのコーナーもあり、DoYouKyoto?を楽しく実践いただけました!

詳しい内容は、こごみ日和75号(特集)をご覧ください
http://kyoto-gomigen.jp/publications/26.html

愉快なおもちゃ箱とは

近隣の事業者から提供いただいた貴重な材料(資源)を、アートの材料としてご提供する場です。製品をつくる過程で出てきた廃材だからこそ、想像力をかきたてられ、自由な発想で遊べます!
家庭に持ち帰って、遊び終わった後は、素材別に分け、決められた分別に従って処理に出すと、リサイクルされ、また素材として生まれ変われるものもあります。楽しく遊んだ後はまた楽しめるように、素材を循環させる大きな輪をみんなでつくろう!

協力:

アトリエみ塾、アートSKY塾、左京区ごみ減量推進会議

素材・材料提供:

泉製紙株式会社,イズミヤ株式会社,大津板紙株式会社、応用芸術研究所、岡本株式会社、京都市交通局、京都府紙料協同組合、清水焼団地協同組合、KTC(京都機械工具株式会社)、コニシ株式会社、株式会社中川パッケージ、有限会社山田木工所、株式会社ワコール(五十音順)

当日の様子

遊びコーナー

素材コーナー

紙管笛コーナー

野菜の裸売りコーナー

詳しい内容は、こごみ日和75号(特集)をご覧ください
http://kyoto-gomigen.jp/publications/26.html

ごみ減のサイト

ページの先頭へ戻る